[動画] PSP ToD2 ハロルド vs バルバトス5

テイフェスから帰還しました
新作とは何の事だったのか、流石に今回の新作情報には他のテイルズ勢もがっかりな様子

飲むしか無い→飲み過ぎて1日目が無かったことになった
わろた


新作でも無く、またしても捻りの無いただの移植作品ということのようで
最近の3D戦闘システムが一応進化して行ってる中、非常に戦闘システムが不評なSをリメイクではなく、移植するのは流石にどうなのかと・・・
買うか買わないかはまだ現時点ではハッキリ決められませんが、店に予約しに行くことは無くなったようだ


話は変わって





テイフェス前日に投稿したこのハロルドvsバルバトス5の動画について、色々と細かく解説を書いて見ることにしました。

画像多め、更にかなりの長文なので興味のある方だけどうぞ


過去バルバトスチーム戦を撮った時の記事が残ってるのですが、なるべく細かく説明をしていきます。
http://shiratama16.blog61.fc2.com/blog-entry-262.html#more


単独撃破する場合、それぞれ違った戦い方をする3体を相手にするので非常に面倒なバルバトスチーム戦
・常に前衛でこちらの詠唱に反応してワープ、さらにSP-効果を持った攻撃を行うサブノック (以下代打
・こちらの各種攻撃に対してカウンターを多種持ち、かつガード不能攻撃を多用するバルバトス5 (以下穴子
・常に後衛で術を詠唱、詠唱速度は遅いものの追加晶術まで使ってくるので中々に面倒。また、TP切れの際は衰弱の追加効果持ちの通常攻撃を仕掛けてくるダンタリオン (以下爺

文章見るより実際にやってみると分かりますが、物凄く面倒です。また、アクアラビリンスは周回する毎に敵のステータス(ボス含む)が10%ずつ上昇していき、8週目で最大になります。
この状況での敵の晶術はどれも被弾すると体力半分以上は軽く持っていかれるので、なるべく喰らわずに倒します。

20130602_0001_0000.jpg

ステータスは詠唱特化、防御含め各種ステータスは薬草で限界まで投与します
この動画の戦法であれば、恐らく防御のドーピングは必要ありません。ただし、TPは回復含め必ず最大値の500にすること

20130602_0002_0000.jpg

属性抵抗上昇のエンチャントは本来、発動した術の属性の抵抗を上昇させるものですが、クレイジーコメットに限っては無属性晶術であり、属性抵抗上昇の代わりに何故か特技のアームドエンチャントにある詠唱速度上昇と同じ効果が付加されます 「(レベル×8+2)%上昇」
[※上昇値についてはPS2版のwikiから引用]

20130602_0000.jpg

戦闘開始前に知性+の料理を作っておくことを忘れずに

20130602_0003_0000.jpg

開幕はまず、距離を詰めて代打の攻撃をガードします
ここで、敵の攻撃をガードをすると穴子はカウンターでバーンストライクを詠唱します。これを詠唱させて、術が被弾する瞬間にSBするようにブラスターカウントは予め調整しておきます。


代打の攻撃をガードしたら気持ちワンテンポ遅らせてからディバインセイバーを撃ちます
ディバインセイバー→硬直解除→クレイジーコメットの順で術を発動させます、これでクレイジーコメットを撃った時点で詠唱速度上昇が発動し、SB中はすべての術がほぼ無詠唱に近い速度で発動させることが出来ます。
注意すべき点は、アバタール発動後、最速で詠唱すると、次に打つクレイジーコメットで詠唱速度上昇が、アバタールの詠唱速度上昇が既に発動している状態なのでエンチャント側の詠唱速度上昇が適用されなくなります。これは、何方かの術の発動をほんの少し遅らせるだけでこの問題は解決出来ます。

ここで、穴子がバーンストライクを詠唱させておくと詠唱時の無敵でディバインセイバーが全て躱されます。
本来はタイムを狙う時点では無敵で躱されると面倒ですが、ディバインセイバーの術の仕様上躱されても実は大して問題ありません。むしろ撃たれたほうが好都合です。 これは後で解説します。

20130602_0004_0000.jpg

上に書いたとおり、ディバインセイバー後にクレイジーコメットを撃ちます。この時、穴子にターゲッティングしてから撃つことが重要です。

理由として、なるべく全員を巻き込ませたいので、中央にいる敵にターゲッティングします。タイムを狙う場合、以降の術も全て全体を巻き込ませつつ当てる必要があるので、中央には穴子がいるのが理想的です。

穴子は前衛にいると、硬直復帰後に前進して各種攻撃を行います。攻撃自体は回避が容易なのですが、ハロルドは広範囲を攻撃する術を持ってないので、前進されると非常に厄介です。
逆に、隊列の2番目、3番目であれば術詠唱か紳士位しか行わないので代打が生きている内は常に代打の後ろに穴子が居る状況を作るのが理想的です。

20130602_0007_0000.jpg

また、代打は密着状態から攻撃を行おうとすると、一旦後退してから技を出します。この後退は隊列を無視して穴子の後ろに行くこともよくあります。押し込めすぎるとNGです。

20130602_0008_0000.jpg

この場合の対策としては、ディバインセイバー後のクレイジーコメットの硬直解除のタイミングをずらせばOKです。

20130602_0009_0000.jpg

代打はこの位置で術発動のモーションを見せるとかなり高い確率でジャンプ斬りをしてきます。これで隊列は元に戻るので立て直す事ができます。硬直解除のタイミングは、代打がディバインセイバーの硬直から復帰した直後に行うだけでいいのでタイム的にも然程影響は出ないはずです。


この時注意するのが、ジャンプ斬りで飛び込んでくる所にクレイジーコメットが命中しますが、運が悪いとクレイジーコメットが数発あたった時点で代打がダウンしてしまいます。こうなってしまうとこの後代打を倒すのに余計に時間が取られてしまうのでTA的には即NGです。こればかりは運次第のようです。

20130602_0010_0000.jpg

また、こうなってしまうともう隊列を戻すのは無理に近いので諦めましょう
開幕ダッシュで代打に密着したらその場でガードして構えておくとこのような事故は起こりにくくなります。


クレイジーコメットで詠唱速度上昇が付加されたら、直後にディバインセイバーを撃ちます
直前のクレイジーコメットで十分ダメージが取れていれば、このディバインセイバーで代打を倒せます
代打を倒したら、次はダンタリオンにターゲットを変更してからディバインセイバーをもう一度撃ちます

ディバインセイバーは初段の中央部分の攻撃判定が無く、また1段目と2段目以降の攻撃判定が発生するまでにかなりの時間が空くので、人型のような横に薄い敵に対しては全弾当てるのはかなり難しいです。

ですが、ターゲット以外の敵には初段が命中する(中央の雷の左右端部分に攻撃判定が発生するため)のでそれを利用して、常に前衛の1人後ろの敵にターゲッティングしてディバインセイバーを撃ちます。
開幕のターゲッティングは穴子に設定されており、その穴子に対してディバインセイバーを撃てば代打だけでなく、爺の詠唱も妨害できるので、ほぼ全員を巻き込みつつ端へ押し込めます。1段目さえ命中すれば2段目以降も当たるので前衛の動きを止めつつ安心して術の詠唱ができます。

20130602_0011_0000.jpg

穴子は体力が75%、50%、25%以下の時に三連殺を繰り出してきますが、これも代打同様密着時に条件を満たした場合、一度後退して2キャラ分程距離を取ってから三連殺を出してきます。
密着していればいいですが、術で攻める場合、どうしても仰け反り復帰時のカウンターブローが密着する際に邪魔になります。

もし、カウンターブローを通常ガードした場合、ガード時のカウンターであるバーンストライクを即詠唱されてしまいます。
プレスガードの場合はカウンターの対象にならないので、アバタールの効果も同時に受けられるのでオススメです。
しかし、動画のような状況の場合、クレイジーコメットの詠唱速度上昇がまだ掛かっているのでプレスガードしても時間の無駄です、むしろ時間を取られてしまうのでNGです。

20130602_0012_0000.jpg

また、ディバインセイバーを当てる位置によって敵の仰け反る方向が変わります
少し見辛いですが、中央の雷の左側で当たれば右向きに、右側で当たれば左向きに仰け反ります。

上記のターゲッティングを利用したディバインセイバーを用いれば穴子を右向きに仰け反らせることが出来ます、これでカウンターブローを気にせず密着状態で三連殺を出す状況が整います。
勿論この硬直から復帰すれば三連殺が来ますが、その前に一旦後退します。この隙に2発目のクレイジーコメットを撃ちます。

20130602_0013_0000.jpg

後退してから三連殺を撃つまでにクレイジーコメットが良い感じに当たってくれます。
斬空断はかなり前進して撃ってくるので、もしもの時の為にここの三連殺はガードして端をキープさせましょう。

また、これで詠唱速度上昇がもう一度付加されて高速詠唱が出来ます。2発目のクレイジーコメットの時点で爺は瀕死状態になっているので、この後ディバインセイバーを撃てば爺を倒せます。勿論この時もターゲットは爺にした上でディバインセイバーを撃ちます。

これで爺を倒しつつ、残り穴子1体だけの状況まで追い詰めました。

詠唱速度上昇の効果中であれば上級晶術を2回まで高速で詠唱出来るのでディバインセイバーを2回分撃ったら、穴子の前で待機します。

20130602_0018_0000.jpg

この時、大体穴子は右向きに仰け反っているので必ず通常攻撃で向きを変える事

20130602_0015_0000.jpg

向きを戻したらプレスガード、このカウンターブローは通常ガードされるとバーンストライクを詠唱されるのでプレスガードか後退の何方かを選びましょう

20130602_0016_0000.jpg

2回目の三連殺もガードします、斬空断の横判定が長いので、斬空断までガードしてから後退→クレイジーコメットを撃ちます。

20130602_0017_0000.jpg

この時TP回復が最大でないと、3回目のクレイジーコメットの際にTPが足りないので注意
クレイジーコメットを当てたら再びカウンターブローにプレスガード→ディバインセイバー*2でSBします。

SB中はとにかく詠唱カウンターを釣ります、当てられる術があれば撃ちます。今回はプリズムフラッシャを使用


恐らく、クレイジーコメットが全て命中すればSBさせずに撃破可能と思いますが、かなり無理があるようで全弾命中に拘ればお供を倒せず、お供を優先すれば穴子のSBを封じることが出来ずとなんとも納得し辛い結果に終わりました。

因みに上に書いた最初のディバインセイバーを無敵で躱されたほうがいいという理由ですが
中途半端に数発分ディバインセイバーを受けるとブラスターカウントが無駄に加算されてしまいます。
ディバインセイバーは上級晶術中、最も威力が低くヒット数が多いので下手に連発するのはブラスターカウントを増加させるだけになってしまいます。

最初のディバインセイバーを当てないことで、終盤のSB直前のディバインセイバーの8段目付近でSBさせることが出来ます。
SBされるとすぐに詠唱カウンターを釣らなければいけないので、その際無敵で残りの攻撃部分が透かされてしまい、タイム短縮に多少ながら影響します。

威力の高いインブレイスエンドを使えば、と思って実践しましたが、ただでさえ与硬直の短い発生激遅の術を穴子に当てるのは中々に難しかったので断念しました。


完全にパターンゲーで、紳士になって貰う必要もないので試行回数的には非常に楽な部類でした
見つめ直せばどんどん改善点が出てくるからこそこのゲームは面白い、また何か思い付いたら実践してみようと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しらたま

Author:しらたま
なんでまだ更新してるのか謎に満ちた世界へようこそ

twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ノーマルカレンダー
<< 06
2017
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ニコニコ動画 User